花綸肌潤(かりんきりん)の成分まとめ

花綸肌潤(かりんきりん)の成分を解析!

 

口コミだけで人気が広がった「花綸肌潤(かりんきりん)」ですが
どんな成分でできているのでしょうか?

 

 

ハイドロジェル

 

 

医療機関でやけどの治療などに使われている乾かない固形水です。

 

自己治癒能力を最大限に生かしながら
肌を乾かさずに傷を治すことができるという画期的な物質です。

 

ジェル状の固形水なのでしっかりと皮膚にとどまり保湿力を持続します。

 

 

 

52種類の植物エキス

 

 

 

 

美容液などに用いられる和漢、西洋ハーブが52種類配合されており
くすみを改善し肌をひきしめてキメを整えます。

かりんきりん成分

また肌の炎症を抑える働きのある植物成分も配合されているので炎症によるニキビなどを抑える働きもあります。

 

 

・オトギリソウエキス
・クレマティス葉エキス
・シソ葉エキス
・カミツレ花エキス など52種類

 

 

 

マンナンスフィア

 

 

スクラブ状のツブツブでこんにゃく由来の成分で作られています。

 

赤ちゃん用のスポンジにも使われる肌に優しい成分です。

 

天然素材であるこんにゃくいもが原料になっています。

 

肌に刺激を与えることなく汚れだけを吸着します。

 

 

 

無添加処方

 

 

 

・合成防腐剤
・合成香料
・鉱物油
・石油系界面活性剤
・エタノール
・石油系合成着色料
・アクリル系増粘剤
・合成ポリマー
・旧指定成分

 

などは使用していないので、肌が弱い方や肌トラブルの起こりやすい方でも
安心して使うことができます。

 

 

 

洗顔、クレンジング、保湿がこれひとつで!

 

 

ナチュラルメイクであればクレンジングもできてしまうので
W洗顔は不要なのがうれしいですね。

 

 

またジェル状の洗顔料なので泡立てる必要もありません

 

 

今までクレンジングして、石鹸を一生懸命泡立てて
やっと洗顔していた私にとっては
かなりの時短であり節約にもなってバスルームもすっきりです。

 

 

効果的に使うために心がけたいこと

 

 

花綸肌潤(かりんきりん)はひとつで洗顔、クレンジング、保湿ができる
オールインワンジェルです。

 

 

ただしオールインワンだからといってそれひとつで
一年中十分なケアができるとは限りません。

 

 

肌の乾燥やトラブルの状態は人それぞれですし
秋冬にはプラスの保湿が必要になるかもしれません。

 

 

私もその時々の肌の状態を見ながら
自分に合うように使い分けています。

 

 

保湿剤に洗浄機能を持たせたことで
洗顔後もつっぱらず汚れもきちんと落とします。

 

 

肌トラブルは乾燥から始まるといわれています。

 

 

肌の状態を良く保つために保湿洗顔はおススメのアイテムです。