かりんきりんの洗顔のメリットは?

花綸肌潤(かりんきりん)の洗顔のメリット・デメリットは?

 

口コミだけで人気が広がった花綸肌潤(かりんきりん)は
洗うたびに潤っていく洗顔料です。

 

 

メリットとデメリットについてまとめます。

 

 

まずはメリットから。

 

 

泡立て時間0分で時短

 

 

かりんきりん洗顔

洗顔石鹸のように泡立てる必要はありません

 

 

手にとってすぐ洗えるから忙しい朝にぴったり。

 

 

私は洗顔石鹸を泡立てるのが苦手なので
まったく泡立たない状態で洗っていたこともあります。

 

 

当然、摩擦で乾燥しますよね。

 

 

泡立てないで使えるというのは助かります。

 

 

添加物は不使用で安心

 

 

合成防腐剤をはじめ合成香料、鉱物油、石油系界面活性剤、エタノール、
石油系合成着色料、アクリル系、増粘剤、合成ポリマー、旧指定成分
などは使用していません。

 

 

安全を重視した洗顔料だからお子さまからお年寄りまで、
敏感肌でも安心して使えます。

 

 

保湿剤で洗うからうるおいが続く

 

 

よくある保湿洗顔料は洗浄剤に保湿成分を配合したものです。

 

 

チョットばかりの保湿剤では潤いが洗顔料の刺激に負けてしまうので
肌が乾燥するんですね。

 

 

かりんきりんは独自の技術で保湿剤に洗浄機能を持たせました

 

 

まさに保湿剤で洗う洗顔料というワケです。

 

 

潤わないはずがありませんね(笑)

 

 

汚れはしっかり落とせる

 

 

乾かない固形水のハイドロジェルが皮膚を潤しながら
汚れを吸着してからめとります。

 

 

こんにゃく由来の天然成分100%のマンナンスフィアが
汚れをやさしくかき出します。

 

 

植物エキスから抽出されたわずかな洗浄機能で
肌に刺激をあたえずに汚れを落とします。

 

 

次にデメリットです。

 

 

洗顔に力が入りやすい

 

 

かりんきりん洗顔

花綸肌潤(かりんきりん)はプルプルのジェル状洗顔料です。

 

 

泡洗顔と違って肌に伸ばして洗うので
慣れないと力を入れてしまうかも

 

 

そうすると肌に刺激になってしまうし
そもそも汚れを吸着して落とすので力は必要なし。

 

 

ポイントメイクが落ちにくい

 

 

私はナチュラルメイクなのでこれ1本でクレンジングから洗顔まで
できちゃいます。

 

 

が、イベントなどしっかりメイクの時はポイントメイクが
落ちにくい
と感じました。

 

 

ウォータープルーフのものは特に落ちにくいです。

 

 

ゴシゴシこすって無理に落とすよりも
ポイントメイクは専用のリムーバーを使った方が
肌のためにはいいんですけどね。

 

 

店舗では手に入らない

 

 

近くのドラッグストアで売っていたらいいのにって
思いますが現在、店舗では買えません

 

 

でも定期便なら注文しなくても指定の日に自宅まで届きます。

 

 

買いに行く手間もないし頼み忘れもないから
実は一番ラクかも(笑)

 

 

私が感じたメリットとデメリットをまとめてみました。

 

 

でもこうしてみるとデメリットも気にならないことばかりでしたが。

 

 

お肌のトラブルの原因は主に乾燥によるものだといわれています。

 

 

そして洗顔は肌を乾燥させてしまう要因でもあるんですね。

 

 

お肌の状態に満足していないのは
今お使いの洗顔が肌に合っていないのかもしれません。

 

 

保湿剤で洗う洗顔料の潤い効果を実感してみてくださいね。