いちご鼻にコットンパックをおすすめする理由

 

長年悩んできたいちご鼻。

 

 

なんと最近始めた「コットンパック」で薄くなってきたんです!

 

 

その方法と効果についてご紹介します。

 

 

いちご鼻ってなかなか改善しませんよね。

 

 

鼻が化粧崩れしてボツボツになっていたって経験
何度もあります。

 

 

いちご鼻コットンパック

それを指摘されたときの恥かしさったら
ホント思い出したくもありません。

 

 

鼻は顔の中でも特に皮脂の分泌量が多く
毛穴がつまりやすいです。

 

 

そのつまりをそのままにしておくと
外気に触れている部分が酸化して黒くなります。

 

 

これがいちごに見える原因です。

コットンパックで黒ずみが消える?!

 

私はコットンパックを始めてから
はなの黒ずみやポツポツが徐々になくなってきました。

 

 

コットンパックをするとどうしていちご鼻が改善するかですが
毛穴が少しずつ柔らかくなっていくので
角質が取れやすい状態にもっていくことができるんですね。

 

 

またいちご鼻の対策で一番重要とされる乾燥にも
コットンパックはとても有効な方法です。

 

 

コットンパックのやり方

 

 

@大き目のコットンパック(センチ)に水をびたびたになるまで含ませて軽く絞る

 

Aそこに化粧水を500円玉大しみ込ませる

 

Bコットンを5つに裂く

 

C鼻の上からのせていき、おでこ、あご、両頬の順につける。

 

D鼻に息をする穴をやぶき、その状態で3分間パック。

 

 

 

3分でやめてください。

 

 

それ以上置くと、逆にコットンが肌の水分を吸い取ってしまいます。

 

 

これをできれば朝の洗顔の時と入浴直後に。

 

 

朝晩2回、無理なら夜だけでも毎日続けます。

 

 

1か月もたつ頃には肌は柔らかく、黒ずみは薄くなっているのが
実感できますよ。

 

 

コットンパックを続けることと同時に
パックの効果を上げるために取り入れていることがあります。

 

 

これがかなり効果的でしたので一緒にご紹介しておきますね。

 

 

それは入浴時の蒸しタオルです。

 

 

蒸しタオルの効果はさまざまなところで取り上げられていますが
正直今まではなかなか継続できずにいました。

 

 

やってもあまり効果を感じることができなかったんですね。

 

 

それどころか乾燥がひどくなってしまったり。

 

 

でもコットンパックと一緒に取り組むことで
乾燥を防ぎながら毛穴の汚れを取り除きやすくできるんです。

 

 

こちらもとっても簡単。

 

 

入浴時にタオルを湯船のお湯で濡らして
顔にのせるだけ。

 

 

冷めたらまた濡らしてのせることを3回くらい繰り返します。

 

 

洗顔前に行ってくださいね。

 

 

これを私は今は毎日継続しています。

 

 

いちご鼻は目立たなくなるまでに時間がかかります。

 

 

なので途中であきらめそうになる気持ちもよくわかります。

 

 

でも毎日の習慣をちょっと意識するだけで
1か月後には見違えるほどきれいになっていますよ。

 

 

頑張りましょう!