いちご鼻はタイプもいろいろ

 

 

いちご鼻種類

 

 

鼻の黒ずみ毛穴のことを「いちご鼻」なんて呼びますよね。

 

 

このいちご鼻は大きく分けると4つのタイプがあります。

 

 

それぞれのタイプによって対策は変わります。

 

 

タイプ1 毛穴つまり

 

 

健康な状態なら自然に外に排出される老廃物が毛穴の中にたまって
つまってしまうことでおこります。

 

 

毛穴に汚れが残ってしまっているのに
さらに上からファンデーションでふたをしてしまうことで
つまりは悪化します。

 

 

 

毛穴つまりタイプの対策

 

メイクをした日は必ずクレンジングをして洗顔の後はしっかりと保湿して肌を整えましょう。

 

 

またつまり毛穴には肌の新陳代謝であるターンオーバーが遅れていることも
原因のひとつになります。

 

 

ターンオーバーの乱れには普段の生活習慣の影響があります。

 

 

脂っこい食事を控え、質の良い睡眠を心がけたいです。

 

 

タイプ2 オイリー肌

 

 

皮脂が過剰に分泌されることでおこります。

 

 

でも皮脂が多いのは20代まで。

 

 

30代からは皮脂の量は減っていきます。

 

 

それでも鼻や肌がべたつくのは乾燥から毛穴を守るために
皮脂がたくさんでている
ことが考えられます。

 

 

 

オイリー肌タイプの対策

 

 

べたつくからと保湿をしないでいるのはかえって皮脂を増やします。

 

 

過剰な皮脂は毛穴をつまらせる原因になるので
適度な保湿は必要です。

 

 

脂性だからとあぶらとり紙が手放せないという方も多いのですが
逆に脂をとり過ぎてしまっていることで
さらに皮脂を増やすという悪循環になっていることもあります。

 

 

洗顔後に保湿をしないと乾燥によってさらにたくさんの皮脂が分泌されて
毛穴をつまらせます。

 

 

洗顔後は化粧水できちんと毛穴に水分を与えましょう。

 

 

タイプ3 毛穴開き

 

 

毛穴が開いてもとに戻らずに穴に影ができることで黒くみえてしまいます。

 

 

保湿が不十分だと毛穴が乾燥するので弾力を失います。

 

 

そうすると肌がゆるんで大きく開きたるんでしまいます。

 

 

 

毛穴開きタイプの対策

 

 

毛穴を乾燥させないことが重要です。

 

 

保湿やパックで潤いを補うことで毛穴にはりがでると
影ができにくくなります。

 

 

タイプ4 メラニン蓄積

 

 

紫外線や毛穴への刺激によってメラニンが生成されて毛穴を黒く見せます。

 

 

このタイプは毛穴がつまっていないので改善に時間がかかることが特徴です。

 

 

 

メラニン蓄積タイプの対策

 

紫外線対策はしていますか?

 

 

長時間の外出がなくても紫外線は常に降り注いでいます。

 

 

毎日の日焼け止めを習慣にしたいです。

 

 

化粧水や美容液に美白成分の入ったものを選ぶと
メラニンによる黒ずみには効果的です。

 

 

鼻のぶつぶつがなかなか治らないのは
タイプにあった対策がとれていないからかもしれません。

 

 

自分のタイプをしっかりわかったうえで
適切な対策をしましょう。