いちご鼻は思春期でも気になる?気を付けたいこと

思春期のいちご鼻について

 

鼻にぶつぶつ黒い点々・・・
いちごのような毛穴に悩んでいる人は多いです。

 

 

先日、中学生の娘から

 

 

いちご鼻思春期

鼻にボツボツがでてきて嫌なんだけど

 

 

と相談されました。

 

 

みてみると確かに小鼻のあたりに黒い点々がいくつか見えます。

 

 

なんでも友達の間で鼻パックが流行っているからやってみたいとも。

 

 

こりゃーいかん!

 

 

と思春期のいちご鼻について話すことにしました。

 

 

調べていくと中高生でも鼻のぶつぶつに悩んでいる子は多いですね。

 

 

中には小5の女の子も。びっくりです。

 

 

私たちの時代と違ってさまざまな情報を目にすることができますよね。

 

 

正しいのか間違っているのかの判断ができない年齢の子供たちが

 

 

簡単に鼻パックとかに手を出してしまうんでしょうね。

 

 

怖いことです。

 

 

では思春期のいちご鼻の原因とはなんでしょうか?

 

 

いちご鼻と呼ばれる毛穴の黒ずみやボツボツの原因はひとつではありません。

 

 

ただし思春期に限っていえば多くの場合
皮脂の過剰な分泌が原因になっています。

 

 

これは思春期ニキビにもいえることなのですが
中高生くらいの子たちは身体の変化が激しく
ホルモンバランスが安定しない時期でもあります。

 

 

ホルモンバランスの乱れは皮脂を過剰に分泌してしまうので
どうしてもテカテカ脂っぽくなってしまうんですね。

 

 

洗顔は正しい?

 

 

意外と多いのが熱いシャワーでガンガン洗っている子です。

 

 

まず洗顔の温度は32度

 

 

これは身体にかかると冷たく感じるくらいの水温ですよ。

 

 

洗顔の水の温度が高すぎませんか?

 

 

またシャワーの水圧を直接肌にあてることもやめてほしいです。

 

 

毛穴に刺激をあたえ乾燥するのでさらに皮脂をふやしてしまうことになります。

 

 

あとはやはり力を入れないことですね。

 

 

ゴシゴシしないと脂がとれない気がするって子もいますが
力をいれて洗顔することで脂を増やしてしまっていますよ。

 

 

保湿はできてる?

 

 

中高生くらいの子たちは洗顔してもそのままという子も
少なくありませんよね。

 

 

鼻の黒ずみは保湿も重要です。

 

 

化粧水は付けるようにしましょう。

 

 

毛穴パックは絶対にだめ!

 

 

毛穴パックについた汚れをみると
「こんなにきれいになるなら簡単じゃん」って思ってしまいますよね。

 

 

それはそうです。

 

 

ガムテープを張り付けてバリッとはがしているようなものですから。

 

 

でもね、根本的な解決にはなっていません。

 

 

それどころか肌が荒れる、毛穴が開く、皮脂がどんどんでてくる。

 

 

こういった副作用があるんですよ。

 

 

一瞬きれいになったように見えるだけで黒ずみは悪化します。

 

 

気にしないことも大切

 

 

中高生の子たちはいちご鼻の他にも思春期ニキビに悩む子も多いですね。

 

 

気になるからさわる、つぶす、引っこ抜く。

 

 

手にはばい菌がいっぱいです。

 

 

その手でさわるからさらにひどくなってしまいます。

 

 

思春期とはそういう時期なんです。

 

 

そう割り切って気にしないことも大切です。

 

 

むしろいろいろいじくりまわして悪化させてしまった子よりも
まったく気にしないでそのままにしておいた子の方が
治りが早く跡が残りません。

 

 

私自身、鼻パックを頻繁に使っていたために鼻の毛穴が悪化して
改善するまでにかなりの時間を要しました。

 

 

娘には絶対こんな思いはしてほしくありません。

 

 

ひとりでも多くの子供たちが正しい知識を持って
ケアをしていってほしいと願うばかりです。

 

 

いちご鼻の正しい洗顔方法⇒