いちご鼻は産毛が生えているから?自分で抜いてもいい?

 

ついついやってしまうのが毛抜きや指を使って
毛穴をきれいにしようとすること。

 

 

心当たりありませんか?

 

 

力を入れて押してみても毛抜きでとってもみても
いまいちきれいにならない・・・
と感じているのでしたらその原因は産毛かもしれません。

 

 

見た目ではわかりにくいのですが毛穴は毛の生えてくる穴なので
産毛も生えています。

 

 

また産毛は加齢とともに濃く、太くなってしまうといわれています。

 

 

産毛が太くなるとそれにともなって毛穴も大きくなります。

 

 

そうすると汚れがつまりやすくなりますね。

 

 

さらに産毛自体が太く濃くなってしまっていくことで
皮脂などの汚れが付きやすくなり黒いのが目立つようになります。

 

 

そうするといちご鼻は深刻な状態に向かっていってしまいます。

 

 

ではどうすればいいか?

 

 

黒ずみの原因が産毛であるなら、産毛をなくすことで目立たなくはなります。

 

 

ただし鼻の毛穴の産毛は自分でとるのはかなり難しいです。

 

 

力を入れ過ぎてしまって毛穴に傷をつくってしまったり
産毛を抜くことで次に生えてくる毛が剛毛になってしまったり。

 

 

なかなか難しいです。

 

 

自己流の処理でやらかして黒ずみを悪化させてしまうことは
容易に想像できますね。

 

 

それならプロの脱毛サロンへ行ってみようかなとも思いますよね。
こちらはかなりの時間も費用も必要になります。

 

 

それに鼻の黒ずみを脱毛してくれるところはひと握りのサロンだけ。

 

 

やっと見つけたとしても施術者が高い技術を持っているところも
これまたごくわずかというのが現状です。

 

 

シェービングなら安心安全

 

それよりもおすすめなのが顔そりです。

 

 

いちご鼻産毛

理容師さんのシェービングですね。

 

 

とこやさんというと男性がいくところというイメージがありますが

 

 

最近では女性の顔そりをしてくれるところも増えてきました。

 

 

専門の技術をもったプロの手で、しかも低価格で産毛をなくすことができます。

 

 

うちの近所の理容室では1500円でしたよ。

 

 

産毛に汚れがまざっていることも・・・

 

ただし産毛と汚れが混ざっているとシェービングだけではきれいにできません。

 

 

毛穴の汚れを除去する必要があります。

 

 

これには日々のスキンケアと洗顔を見直していく必要があります。

 

 

まずは洗顔前に蒸しタオルで毛穴を開きます。

 

 

肌が硬くなっていると汚れは取れにくいです。

 

 

このひと手間が汚れ落ちを格段にアップしてくれます。

 

 

そして泡をしっかりたてた洗顔料で毛穴の汚れを吸着します。

 

 

さらにぬるま湯でよくすすぎます。

 

 

洗顔後はしっかりと保湿しましょう。

 

 

いちご鼻に悩んでいる人に多いのが鼻がテカルから保湿をしないという人。

 

 

でもそのテカリは主に乾燥が原因だったりするんですよね。

 

 

そうすると肌の防御反応で皮脂がどんどん分泌されて毛穴をつまらせます。

 

 

まず収れん化粧水で毛穴を引き締め、保湿化粧水で毛穴の乾燥を予防します。

 

 

乳液やクリームは使わなくてもこれで保湿は十分です。

 

 

まとめますとやはり鼻の産毛の自己処理はおすすめしません

 

 

足や腕の毛と一緒で毛根から引っこ抜くことで毛穴が広がって
次に生えてくる毛はどんどん太くなり目立つようになります。

 

 

またどんなに気を付けたとしても肌に傷を付けてしまう可能性が高く
その結果、茶色くシミになったりさまざまなトラブルを引き起こすことが
考えられるからです。

 

 

年齢を重ねていくと肌の再生機能が衰えて傷やシミが残りやすくなります。

 

 

軽い気持ちで産毛の自己処理をして一生後悔しないためにも
正しい方法でケアしていきましょう。